お米の吸水に丸一日かけると、ご飯は美味しく炊けるのか?

お米を炊く前、あなたはお米に吸水させていますか?
「吸水させると、ご飯が美味しく炊ける」と聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。

では、その吸水に一日かけたら、さらに美味しくご飯が炊けるのでしょうか?

お米の吸水の疑問について解消します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

枝豆・大豆・黒豆は元は同じもの?!栄養に違いはあるのか?

枝豆・大豆・黒豆の違いについて、皆さんはご存知ですか?枝豆のは大豆や黒豆と同じじゃないのでし...

玄米の栄養について!玄米と白米はカロリーに差はあるのか?

玄米は健康や美容に良いというイメージは皆さんお持ちですよね。日々の食事の主食である白米を玄米に...

試してみる価値あり!?豆乳を使った紅茶のレシピをご紹介

健康飲料として話題の豆乳を、ぜひ普段の食生活に取り入れてみませんか。クセが苦手という人もいる...

美味しいお味噌汁に合った味噌も具に合った種類もお好みで

和食では「一汁三菜」というのがあり、この汁はお味噌汁や澄まし汁のことになります。お味噌汁には...

健康に良い「分づき米」とは?精米方法によるメリットとは?

玄米は体に良く、最近とても人気がありますよね。しかし玄米の風味や食感が苦手・・という方も多いの...

納豆と味噌汁の栄養について!それぞれの栄養効果について

納豆と味噌汁は、日本人の食事に欠かせないですよね。毎日食べているという方も多いのではないでし...

玄米に小豆を入れて一緒に炊いたご飯にはどんな効果がある?

玄米は体に良いご飯として人気がありますよね。これに小豆と塩を加えて一緒に炊くと、さらに健康・美...

玄米 30キロ はいったいいくら?おススメブランドの価格は?

ビタミンB1が不足すると、「脚気」「ウエルニッケ脳症」といった病気になる可能性があります。それ...

体に良い玄米の家庭での炊き方をご紹介!3合なら水加減は?

健康に良いといわれる玄米ですが、ご家庭でも簡単に炊けることをご存知でしょうか。玄米炊飯モードの...

食パンを作る!塗っても美味しい蜂蜜を使ったレシピも紹介

トーストしたり、サンドイッチにして食べている方が多い食パン。白くて柔らかい食パンは、かつては豊か...

玄米の炊き上がりまでの時間は?時短&美味しく炊く技を伝授

食物繊維やミネラルが豊富で、健康にも美容にも良いと言われている「玄米」ですが、白米と比べて炊くの...

おいしいお味噌汁のレシピ!味噌の栄養効果と粗食のルール!

私達日本人は、味噌が好きな方は多いですよね。毎日の食卓に、ご飯とお味噌汁はセットで出てく...

体に良い玄米を2合炊くとき、水の量はどれくらいがいいの?

健康ブームで注目されている玄米を、ご家庭でも炊いてみませんか。普段お使いの炊飯器はもちろん、...

赤飯を炊飯器で手軽に炊いてみよう!保温・保存はどうする?

おめでたい日やお祝いごとに食べる赤飯、食卓を華やかに彩ってくれますね。美味しくて栄養価も高い...

玄米パンはどんな栄養があるの?気になるカロリーは?

パンの種類も豊富で、どれにしようか悩みますよね。そんなたくさんのパンのなかには、名前を聞くだ...

スポンサーリンク

そもそもお米の吸水ってなあに?

よく、お米に吸水させると、美味しくご飯が炊けるって言いますよね。
なかには、この「吸水」という言葉を聞いても、いまいちピンとこない人もいるでしょう。

吸水とは、そのままの意味で、水を吸わせるということです。
つまり、お米に水を吸わせることが、お米に吸水させるということになります。

お米に吸水させることで、炊きあがったときに、ふっくらと美味しいお米になるのです。

しかし、お米にはいろいろな種類があります。
小粒のものもあれば、粒が大きいもの、さらに食感まで、そのお米によって変わってきます。

そのため、お米それぞれで最適な吸水時間も違ってきます。

吸水時間が短かったり、反対に丸一日といったように長かったりすると、お米は美味しく炊くことができるのでしょうか?

美味しいお米を炊くためにも、吸水時間が短い場合と長い場合について、少し知っておきましょう。

吸水時間どのくらいがいい?美味しいお米を炊くには?

お米を美味しく炊くためには、お米に吸水させる時間を作ってあげることが大切です。

その吸水の時間はお米の種類によっても変わってきますが、だいたいのお米が「40分~1時間程度」です。

しかし、冬などの寒い季節では、吸水時間を多めにとって「2時間程度」必要になります。
暑い夏などの季節は、お米が吸水しやすくなるので、「30~1時間程度」と、多少短くなります。

このように、吸水時間を作ってあげると、ふっくらと美味しいお米を炊くことができます。

吸水させる際、注意しなければならないのは、割れ米があるかどうかについてです。

割れたお米は、吸水させると米の成分が水に溶けだします。
そのため、お米が炊けたときに、水っぽいベチャベチャとした食感になってしまいます。

割れ米になってしまうのは、お米の保存状態が良くなかったり、洗米の際にお米を傷つけてしまうことが原因です。

つまり、吸水する時間だけでなく、吸水の前のお米の状態にも、気をつけなければなりません。

普段からお米に適した方法で保存し、洗米時には、適した方法でお米を洗うことが大切なのです。

次では、短い吸水時間と反対に、丸一日吸水という長い吸水時間にしたときにどうなるかを見ていきましょう。

吸水時間が一日は長すぎ?美味しいお米は炊ける?

前述では、お米の吸水時間は、「40分~1時間程度」が良いとお話ししました。

吸水させると美味しく炊けるなら「もっと吸水させた方が良いのではないか?」と、考える人も中にはいるかもしれません。

お米が朝に炊けるように、あらかじめ、夜に炊飯器にお米をセットしている人は多いです。
そんな人は、知らず知らずのうちに、お米に吸水させることができていますよね。

しかし、夜から朝まで吸水させると、長い時間吸水させていることになります。
吸水時間が長い分には、良いような気もしますが、実際はどうなのでしょうか?

結論からお話しすると、お米は水に浸す時間が2時間以上経つと、それ以上は吸水しなくなります。

夜にお米を炊いて朝に炊けるようにセットしている場合でも、丸一日吸水した場合でも、吸水時間は2時間と変わらないということになります。

吸水させることにより、ふっくらとしたご飯ができます。

ですが、先ほども述べたように、割れ米があると米の成分が水に溶けだすため、美味しく炊くことができません。

一日吸水は雑菌が増殖する

ほとんどの炊飯器には、指定した時間に炊飯を開始してくれるタイマー機能がついています。

そのため、夜に炊飯器に洗米したご飯をセットして、朝でもお昼でも好きな時間に設定すれば、わざわざスイッチを押しに行かなくても、その時間に炊き立てのご飯ができあがっています。

そして、お米の吸水は2時間以上経過すると変わらないため、吸水のさせ過ぎなどを心配する必要もありません。

つまり、安心して夜に炊飯の準備をして、次の日に美味しく食べることができるのです。

しかし、注意しなければならないことがあります。

それは、季節によって吸水させているお水の温度が上がったりして、雑菌が繁殖してしまうことです。

寒い冬の場合はキッチンも冷えているため、吸水させている水の温度が上がることは、ほとんどありませんが、夏の場合はその反対です。

お米に冷たい水で吸水させたとしても、夏は気温が高いため、その水は、すぐにぬるくなってしまいます。

雑菌が増殖したお米は危険なので、夏場は常温で一日吸水させることはやめましょう。

暑い夏でも安心して一日吸水させる方法

暑い夏は常温で吸水させておくと、雑菌が繁殖してしまいます。
そのため、夜に炊飯をセットしてしまうと、朝には雑菌だらけのお米が炊けることになります。

雑菌が繁殖したお水で炊いたご飯は、臭いがしてしまいます。
また、健康にも良くありません。

しかし、時間のない朝に洗米して吸水させるとなると、とても大変ですよね。

そういった場合、洗米して吸水の準備をした炊飯器の内釜にラップをかけて、冷蔵庫で保存しましょう。

そうすることで、暑い夏でも雑菌の繁殖を気にせずに、安心して一日吸水させることができます。

冷蔵庫から内釜を出して、炊飯器にセットするだけでなので、朝に時間のない人には、特におすすめの方法です。

ちなみに、吸水は水の温度が低いほうが、時間が掛かります。
ゆっくり吸水したほうが、美味しいお米になるので、冷蔵庫で保管するメリットは大きいですね。

お米の洗い方~美味しく炊くために~

夏場などの暑い日や気温が高い日は、一日常温で吸水させるのは雑菌が繁殖してしまうため、冷蔵庫で吸水させることが大切だということをお話ししました。

お米を美味しく炊くためには、吸水をさせることが、とても大切です。

しかし、吸水の前にはお米を洗いますが、この洗米でお米を炊いたときの美味しさが、大きく変わってきます。

ここでは、お米を美味しく炊くための洗米の仕方を見ていきましょう。

美味しいお米を炊くには、最初の洗米が非常に重要です。
お米にお水を入れて洗いますが、最初はお米に、糠(ぬか)やほこりなどのごみがついています。

そのため、手早く洗い、その汚れた水をすぐに捨てる必要があります。
そうしなければ、お米がその汚れた水を吸水してしまい、炊いたときに臭う原因になります。

最初にお水を入れてから、10秒程度でそのお水は捨てましょう。

2回目は、またお水を入れて、指の腹を立てるようにして、20回ほどお米を研ぎ、お水を捨てます。

その後は、お水を入れて5~6回ほど、かき混ぜて洗う作業を2~3回ほど繰り返しましょう。

お水はしっかりと捨てることが大切なので、その都度、きちんと捨てましょう。

これだけで、美味しくお米を炊くことができます。

お米の吸水は大切だった!

お米の吸水について、いろいろなことが分かったと思います。

お米を美味しく炊くためには、しっかりとお米にお水を吸わせることが大切なのです。

さらに、お米の正しい洗い方を実践すれば、より美味しいお米が炊けるはずです。