玄米、醗酵食などで美と健康を目指す、正しい食の情報メディア

健康人口倍増計画

マカロン作りの成功ポイントは乾燥させる時間!他にもある?

      2017/09/03

マカロン作りの成功ポイントは乾燥させる時間!他にもある?

色とりどりで華やか、コロンとした丸みにつややかな表面、間にクリームなどをはさんだマカロン。

マカロンは見た目もオシャレで様々ですが、味や食感も、さっくりと軽いもの、香ばしいもの、やわらかいものなどの違いがあります。

そんなマカロンを作るのって、難しそうですよね。

マカロン作りの成功ポイントは、ずばり乾燥時間にあります。

その他に、どんなことが大事なポイントになるのか見ていきましょう!

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

和風の醤油パスタに合う食材とは?簡単な作り方もご紹介!

醤油に「塩分が高いイメージ」を抱く方もいるかもしれま...

基本の味噌汁の作り方!味わい深い「昆布だし」を簡単に作る

味噌汁にはだしが必要不可欠ですが、普段どのようなだし...

カロリーは意外に低い?!ラーメンに含まれる糖質や塩分は?

醤油に味噌、塩といった定番のものから、個性的なラーメ...

ウェイパーを使った簡単鍋レシピ!味噌鍋の味付けはお手の物

野菜や肉、キノコといったたくさんの食材をバランスよく...

味噌は冷蔵より冷凍!気になるおすすめの味噌保存容器とは?

日本の食卓に欠かせない味噌は、どのご家庭にもたいていある...

うどんは炭水化物の中でも低カロリー?ダイエット効果は?

ダイエット中は炭水化物を控える方が多いですよね。 ...

ヨーグルトのホエーは低カロリー&高栄養!有効活用するには

ヨーグルトの上のほうに、分離した水分が溜まっているの...

「醤油チャーハン」の作り方!パラパラにする方法は?

健康に気を遣っていても、たまには香ばしさが食欲をそそ...

味噌の風味を長く楽しむ保存方法とは?常温でも良いの?

味噌は、ほとんどのご家庭で常備されている食品ですよね...

美味しい夏野菜!「ズッキーニ」の味噌汁レシピをご紹介!

「ズッキーニ」は、カリウムやビタミンCを含んでいるの...

食事改善で健康的にダイエット!大切なのは体脂肪率

ダイエットをしている人はどうしても体重に注目しがちだ...

カロリーゼロ甘味料の魅力とは?人気商品の特徴や用途を探る

1973年にお茶の間に初めて登場した、低カロリー甘味料「シュ...

米麹の甘酒はスーパーで買える!手軽な手作り甘酒もご紹介!

アミノ酸を豊富に含み、健康に良い飲み物として、甘酒は近年ブー...

オーガニックや無添加食品はやっぱり安心!おすすめ5選

現代はたくさんの食品に囲まれ食べることに困らない豊かな時代と...

1人暮らし向け電子レンジとオーブンレンジのおすすめ8選!

これから1人暮らしを始める方、1人暮らしで電子レンジやオーブ...

グルテンフリーなパンなら市販のアレルギー除去米粉パンを!

パン屋さんに並ぶさまざまな種類のおいしそうなパン。 そ...

甘酒や麹は市販の健康食品の中でも大人気!おすすめ理由詳細

今の食生活を改めて見つめてみた時に少し不安を感じることはあり...

味噌鍋にご飯を入れて美味しい雑炊を作るレシピをご紹介

味噌鍋を食べた後のスープを使って、うどんや雑炊を作ると美味し...

冬に食べたい味噌煮込み料理のレシピ!人気の食材は?

味噌煮込みの料理というと、恐らく誰もがイメージするのは愛知県...

味噌と豆腐でメインのおかずになる料理の作り方をご紹介

豆腐をそのまま使うだけでなく、より美味しく食べるために、豆腐...

スポンサーリンク


マカロンの歴史

マカロン作りをしたことがある方はご存知だと思いますが、マカロンを作るうえで、マカロンの乾燥時間は大きなポイントになりますよね。

今回の記事では、マカロン作りを成功させるポイントをご紹介しますが、まずはマカロンの歴史についてお話しますね。

皆さんも食べたことがあるマカロンは、フランスのメレンゲ菓子です。

ふわっとした口当たりで、美味しいですよね。

一般的なマカロンの作り方は、卵白と砂糖を泡立てたメレンゲに、細かく砕いた木の実などを混ぜ合わせて、ひと口サイズに焼きます。

マカロンは、16世紀にメディチ家のカトリーヌ・ド・メディシス姫が、アンリ2世に嫁いだ時に、フランスに持参したお菓子の中のひとつです。

元祖はイタリアと言われていますが、フランスの各地でアレンジされ、広まったと伝わっています。

今現在、数え切れないほどの種類があるマカロンは、フランス菓子の代表ともいえるでしょう。

☆つるんとした表面と、ピエがついているマカロン・パリジェンヌ

☆ロレーヌ地方の、メレンゲを使わないで表面がひび割れしたマカロン・ド・ナンシー

☆北フランスのマカロン・ダミアン

☆ボルドー地方のサン・テミリオン

マカロン作りを成功させるポイントのひとつ、マカロナージュ

マカロンについての歴史がわかったところで、ここからは、マカロン作りを成功させるポイントをご紹介していきます。

成功させるための大きなポイントは、「3つ」あります。

①マカロナージュ

マカロナージュって、聞いたことがありますか。

マカロナージュは、メレンゲと粉類を混ぜ合わせる際に、メレンゲの泡をある程度つぶしながら、混ぜ合わせていくことをいいます。

マカロンの生地にツヤがでて、ゆっくりと生地が広がっていく固さや、すくって落下させた際に、生地が切れないで繋がって落ちていく固さになるまでマカロナージュします。

作った時の失敗でよくあるのが、マカロンのピエが出ないことです。

その原因がマカロナージュなのかの判断は、焼きあがったあとではなく、生地を絞り出したあとにしましょう。
チェックのポイントは、最適なマカロナージュが出来ていれば、生地を絞り出した時に、ツノが自然と消滅して、特に何もしなくてもキレイな円形に広がることです。

マカロナージュが不足していると、厚すぎて、空洞化が激しくなったマカロンになってしまいます。

反対にマカロナージュのやり過ぎは、絞り出した際に広がり過ぎて、薄くてピエも小さいマカロンになります。

次に、マカロナージュの他に、大事な乾燥・焼き時間についてお話します。

乾燥・焼き時間もマカロン作りで重要なポイント

マカロナージュの他に、マカロン作りで大事なポイントをご紹介します。

②乾燥

マカロンのピエが出ない一番の原因が、乾燥不足です。

先ほどお話したマカロナージュが最適でも、しっかりと表面が乾燥していないと、焼いた時に生地全体が膨張してしまい、ピエが出ないのです。

乾燥の目安は、マカロンの生地の表面を指で押した時に、指にはりつかないで、軽くなでることができるかどうかです。

作る部屋の温度や湿度によっても変わりますが、乾燥には1時間から3時間くらいかかります。

雨が降っている日は湿度も高くなり、数時間経過しても乾燥しないこともあります。

できる限り、晴れている日に作るのが良いでしょう。
乾燥させる時間を短縮するために、エアコンの風が当たる場所に置くのがオススメです。

③焼き時間や温度

焼く温度は、ファンが無くて160度、ファンがあって140度を目安にしてください。

使用するオーブンによっては、温度差がでたり、焼きムラが発生することもあるので、約10度前後の調整が必要になるかもしれません。

焼き時間は、約12分~13分です。

マカロンの乾燥時間を短縮する方法

マカロン作りには、色々なコツがありますが、最も大事なポイントが、マカロンの表面を十分に乾燥させてから焼成する事です。

表面の薄皮一枚が張っている様な乾燥加減が、最も適しています。

先ほどもお話しましたが、マカロンを作る日のお天気や湿度によって、乾燥させるために相当な時間がかかってしまいます。

マカロンの生地を絞ったら、しばらくそのまま室温に放置しておくのですが、乾燥の待ち時間が1時間以上なんて、正直待つのが辛いですよね。

前項で、乾燥させる時間を短縮するために、エアコンの風が当たる場所に置くのがオススメとお話しましたが、もっと確実に乾燥時間を短縮できる方法をご紹介します。

使用しているオーブンの最低温度で、予熱をしましょう。

予熱ができたら、電源を切ります。

予熱したオーブンの中に、絞ったマカロンを入れます。
この時、もし庫内が熱すぎるようなら、しばらくの間、扉を開けて、うちわなどを使って温度を下げましょう。
少し温度が下がったら、そこに生地の天板を入れます。
これで、約4倍くらい早く乾燥させることができますよ。

忙しい時や、雨の日が続く梅雨時も、この方法を使えば時短で作れますね。

乾燥時間なしでマカロンを作る方法

乾燥させる時短よりも、乾燥させる時間自体をなくして、簡単に作る方法はないのでしょうか。

そこで、初心者でも簡単に、マカロナージュや乾燥時間なしでマカロンを作れるレシピをご紹介します。

<材料 20個分>

・アーモンドパウダー(またはアーモンドプードル) 35g
・卵白 1個分
・グラニュー糖 70g
・食紅 お好みで

1)卵白にグラニュー糖を入れ、湯せんしてグラニュー糖を溶かします。

2)重みを感じるまで、混ぜましょう。

3)上に持ちあげてみて、垂れなければ大丈夫です。

4)食紅を使いたい場合は、この時点で入れましょう。

5)アーモンドパウダーをふるいながら、3回に分けて入れてください。
抹茶やココアを入れたい場合は、ここで入れます。

6)トロッとするまで切るようにして、優しく混ぜましょう。

7)次に、オーブンを180度で余熱し始めます。

8)トロッとなった生地を、コップなどを使って絞り袋に入れます。

9)絞り袋の先端を、1.5センチくらいカットしましょう。

10)クッキングシートをしいた鉄板に絞ります。

11)180度のオーブンで、2分焼きます。
焼き始めたら、絶対にオーブンを開けないでください。

12)次に、200度で1分間焼きましょう。

13)130度に温度を下げたら、また10分焼きます。

14)焼き終わっても、3分から5分くらいは扉を開けずに置いておきます。

15)手で触れるようになるまで冷ましたら、お好みのガナッシュを挟んで出来上がりです。

マカロンを時間をかけずに可愛くラッピングしよう

マカロンは、専門店があるほど人気がありますよね。
プレゼントしても、されても嬉しいものです。

乾燥時間に気をつけて作っても、乾燥させる時間自体がない作り方で作ったものでも、作り手の心がこもったマカロンには違いありませんよね。

最後に、作ったマカロンを時間をかけずに簡単に、可愛くラッピングする方法をご紹介します。

バレンタインにもオススメですよ。

☆シールとリボン

簡単に可愛くラッピングしたいなら、シールとリボンは必需品です。

100円ショップにも、色々な種類のシールとリボンが売られています。

シールに手書きができるスペースがあると、自分のメッセージを添えることができて気持ちも伝わりやすく、温かみがアップします。

☆透明のプラボックス

透明のプラボックスは、一般的なラッピングでは物足りない方にオススメです。

小さな透明プラスチックボックスにマカロンを入れて、麻紐などでグルグルっと巻いて、リボンしばりにしてみましょう。

自分がどういうイメージに仕上げたいか想像して、色使いを決めましょう。
パステルカラーに統一しても、可愛いですよ。

☆もみ紙

海外では「クレープペーパー」と呼ばれています。

凹凸があって、縮んだ状態なので伸びます。
もみ紙の色合いによって、暖かみのあるラッピングに仕上がります。

マカロン作りのポイントを押さえておこう

いかがでしたか。

見た目も可愛くて美味しいマカロンを、自分で上手に作れたら嬉しいですよね。

まずは今回ご紹介した、初心者さんでも簡単に作れる方法で作ってみてください。

可愛くラッピングしたら、大事な人へのプレゼントにもってこいですよ。

 - 料理のポイント